赤色巨星

a00009.jpg

今回は「赤色巨星」についてです。

聞き慣れない言葉ですが文字から推測すると「赤くて大きな星」といったところでしょうか。

それって一体どんな星なのでしょう?

お答えしましょう。(←自問自答)

実は恒星の一生で、ある段階にきたときの状態を指して「赤色巨星」といいます。

恒星は、生まれたときに集められたガスの質量によって寿命が決まります。

質量の大きな星ほど中心部で活発に水素の核融合が起こり、寿命は短くなります。

太陽の寿命はおよそ100億年。長っ!

現在、誕生して50億年ほど経っていますのでまさに働き盛りといったところでしょうか。

あと50億年は中心部で核融合が続き、やがては水素がなくなってしまいます。

そうするとその周辺(中心の外側)で水素の核融合が起こり始め、恒星は大きく膨張していきます。

この段階のことを赤色巨星と呼びます。

星の直径は何と数10倍から100倍以上にもなるそうです。まさに巨星ですね。

もしかすると地球の軌道にまで膨張してくるかもしれません。

星の表面は低温になるため赤い色になります。

こうなると先はもう短いようです。

その頃まで果たして人類は存続しているのでしょうか?

太陽がなければもう地球には住めないですね。人類絶滅?

さらば太陽、さらば地球。

50億年なんてスパンで物事を考えることなんてできないや。

(ステキな画像は壁紙宇宙館さまからお借りしました)
スポンサーサイト

恒星の生まれ方

a00008.jpg

今、夜空に新しい恒星が誕生しているところを見ることができます。

さぁみんなも外に出て夜空を観察してみましょ!

冬の代表的な星座、オリオン座は知っていますよね。

このオリオン座の真ん中の三ツ星の下の方に何だかもやっているところがあります。

「オリオン大星雲」と呼ばれているところです。

ちょっと緑っぽく見えるでしょうか。何を隠そうこれってガスの集まりなんだそうです。

よーく見るとガスが濃いところと薄いところがあります。

ガスが濃いところは重力が大きく、その作用でどんどん周りのガスが集まってきます。

やがてその中心の温度が1000万度くらいになると、何と光り始めるそうです。

こうやって恒星って生まれるんだって。

でも、このようにガスが集まってもすべてが恒星になるわけではないようです。

このようなガスの集まりを星雲と呼びます。

オリオン大星雲ではいろんな星が誕生しつつあるようです。

すごいですねー。

(ステキな画像は壁紙宇宙館さまからお借りしました)

恒星って?

a00007.jpg


「恒星」って聞いたことありますか?

どんな星のことか知っていますか?

これは私も勉強した記憶があります。

そう、自分で光を出している星です。夜空に輝く星座を作っている星たちです。

そしてサンサンと輝く私たちの太陽もこの恒星の一つです。

一番近くにある恒星ですね。昼が明るいのは太陽さんのおかげです。

もう少し詳しく説明すると、恒星は核融合反応によってエネルギーを作り出して光り輝いている星です。

夜空が美しいのは恒星たちのおかげですよね。

涼しげに眺めているけど近くにいくと相当激しくて熱いんだろうねー。

そんなことを考えながら夜空を見上げてみては如何?

(ステキな画像は壁紙宇宙館さまからお借りしました)

過去しか見れない!

a00006.jpg

私たちには昔の宇宙しか見れない!

オーマイガッ

今見ている太陽だって8分前の姿だし、北極星は430年前の姿、・・・

空を見上げても見えるのは今の宇宙の姿ではなく、星それぞれ過去の異なる時代の姿なんですね。

今を見ることができないなんて!

例えば100億光年先に今まさに誕生した星があったとしても100億年後までその光を見ることはできません。

となると今空に見える星も既になくなってしまっているものが多いのかもしれません。

今見ている光がかつてそこにあった星の名残だと思うとしんみりしますね。

宇宙は本当に広い。

光の速さなんて普段の生活では意識することなんてないので。

そのうち少しずつその感覚に慣れてくるかな?

すばる望遠鏡

a00005s.jpg

ハワイにマウナケア山という富士山よりも高い山があります。

その標高何と4205m。

でもご安心を。航空写真をみると車で山頂まで行けそうです。

そこに国立天文台の「すばる望遠鏡」があります。

この望遠鏡、何と直径8.2mという巨大な鏡を使っているそうです。

これだけの大きさならはるか遠くのかすかな星の光も集めることができそうですね。

是非一度覗いてみたいものです。いや、ハワイへ行きたいものです。

そうそう、実は東京にいながらハワイの観測結果を見ることができるそうです。

しかし遠くを見れば見るほど、昔のことが分かるって不思議ですね。

100億光年離れた星を見るということは100億年前のその星の姿を見るということなんて訳が分かりません。

1億光年離れた星から地球を見たら恐竜がうようよ見えるのでしょうか。見てみたい。

(ステキな画像は写真素材足成さまからお借りしました)

宇宙の晴れ上がり

a00004.jpg

宇宙に晴れとか曇りとか雨とかあるの?

「宇宙の晴れ上がり」って一体何でしょう。

ビッグバン説によれば、ビッグバンの直後の宇宙は超・超・超高温であったということになります。

となるとその頃の宇宙を構成する物質(水素など)は、普通なら原子核のまわりを回っているはずの電子が自由に飛び回っている電離状態であったことになります。

これだと光(電磁波)はあちこち飛び回っている電子に行く手を阻まれ散乱し遠くへ届きません。

濃い霧の中といった感じでしょうか。夜霧よ今夜もありがとう!

しかし、やがて宇宙が更に膨張し、温度が下がってくると電子は原子に取り込まれ、ようやく光がまっすぐに進むことができるようになったそうな。めでたしめでたし。

これが「宇宙の晴れ上がり」なんだって。

この時に発せられた電磁波は今も観測できるそうで、まるで星の背景から放射されているように見えるため「宇宙背景放射」と呼ばれています。

この宇宙背景放射の観測で、ビッグバンは今から約138億年前に起こり、「宇宙の晴れ上がり」はビッグバンから約40万年後のことであることがわかったとか・・・。もう訳が分からん。

ビッグバン説が多くの人に指示されているのはこの宇宙背景放射が発見されたからですね。

雲をつかむような話ばかりで萎えそう。

宇宙は膨張している!

a00003.jpg


何だ何だ。宇宙は膨張しているって?

風船のようにどんどん膨らんでいるって?

誰か宇宙の端まで行って見てきたんだろうか?

いやいやそんなことができないことは分かっている。

きっと宇宙の壁を望遠鏡で見たに違いない。

えっ壁? 壁があるの?

いやぁ、宇宙のことって全然分からん。

前回「ビッグバン」のことを勉強しました。

とにかく宇宙はビッグバンで始まったと。

そのビッグバン説のきっかけとなったのが宇宙の膨張の発見だったそうです。

そこで登場するのがエドウィン・ハップルさん。

ハップル望遠鏡って聞いたことがありますよね。

そのハップルさんは、宇宙を観察していて遠くにある銀河ほど速く遠ざかっていることを発見しました。

「銀河」というのは私たちの太陽系がある天の川銀河のような星の大集団で宇宙には他にもたくさんあるんだって。

遠くのものほど早く遠ざかるってことは確かに膨張しているってことになりますね。

風船に点をたくさん描いておいて膨らますとある点を基点に見ると遠くにある点ほどたくさん遠ざかります。

なるほど!宇宙は膨張している!

ということは逆に時間をさかのぼってみると、宇宙全体は小さかったことになりますね。

銀河と銀河はもっと近くにあったと推測できます。

そして更にどんどんさかのぼると一点!

これでビッグバン説が生まれたのかぁ。

しかし宇宙も風船のように最後はわれてしまうのかな。

ビッグバンに始まりビッグバンに終わる なんてね。

宇宙のはじまり?

a00002.jpg

何事にも始まりはありますよね。

それって当然。

でも宇宙に始まりがあるって言われると・・・『?』です。

どんな始まりなのか想像もつきません。

大体誰にそんなことが分かろうか?

見た人がいるわけないし。

でもそれが分かっちゃう科学って意味が分からん。不思議。

「ビッグバン」ってどこかで聞いたことがありますよね。

宇宙はその「ビッグバン」で始まったんだって!

なかなかステキなネーミングじゃないですか。

「ビッグなバーン」

宇宙はすっごい高温ですっごい高密度のただの一点からはじまったというんです。

その一点って鉛筆でちょんと書いた点くらいなんでしょうかね。

それが大爆発して宇宙ははじまっただなんてとても信じられない!

そもそもその点があった空間は何なんでしょ?訳が分からんわ。

頭の中がめちゃくちゃだぁ。

まぁいいや。

とにかく宇宙はビッグバンで始まったのだ。と今日は覚えておこう。

(ステキな画像は壁紙宇宙館さまからお借りしました)

地学を勉強しよう!・・・かな。

a00001.jpg

突然ですが・・・

普段、宇宙や地球のことなんて全く気にしていないですよね。

世の中忙しすぎて毎日目の前にあることだけで精一杯ですもの。

自分が広大な宇宙にあるちっぽけな地球のさらにちっぽけな日本に住んでいるなんて考えることもありません。

それでいいんでしょうか?

まぁいいんでしょうけど。

そんなことを考えても考えなくても地球は周っているし、毎日太陽は昇って沈みます。

でもちょっと宇宙のことが分かるとカッコいいかもしれません。

高校時代に「地学」って科目がありました。勿論とっていませんでしたけど。

でも実は勉強すると結構面白い科目なのかもしれません。

小さな私は、普段はとっても狭い視野でしか物事を見れませんが、地学を勉強すれば地球的、いや宇宙的な視野で物事も見ることができるようになるかもしれません。

そうしたら人生も大きく変わるかも?

まぁ人生なんて変わらなくても普通に疑問はいっぱいあります。

宇宙人はいるのか?

宇宙の果てには何があるのか?

地球環境問題って何?

地震や津波はどうして起こるの?

挙げればキリがありません。

勉強は全く苦手な私ですが、本を読んだりテレビを見たりして得た地球や宇宙の知識などを綴っていきたいと思います。

ブログに書くことで少しはやった感もでますので。

こんなブログを見てくれる人なんていないと思いますが・・・。

(ステキな画像は壁紙宇宙館さまからお借りしました)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。