すばる望遠鏡

a20170116.jpg

ちょっとコーヒーブレイク。
みなさんはハワイへ行ったことはありますか?
ハワイにはマウナケア山という富士山よりも高い山があります。
その標高何と4205m。
是非山頂からの眺望を楽しみたいけど、ちょっときつそうですね。
いやいや、ご安心ください。
航空写真を見ると車で山頂まで行けそうです。
みなさんも是非グーグルマップでマウナケア山を検索してみてください。
航空写真を見た方はすぐお気づきだと思いますが…
実はこのマウナケア山に、国立天文台の「すばる望遠鏡」があります。
この望遠鏡、何と直径8.2mという巨大な鏡を使っているそうです。
上の写真は国立科学博物館に展示されている「すばる望遠鏡」の模型です。
人間の大きさと比較するとそのサイズに驚きますね。
これならはるか遠くのかすかな星の光も集めることができそうです。
一度覗いてみたいものです。
いや、ハワイへ行ってみたいものです。
実際は東京にいながらハワイの観測結果を見ることができるようになっているとか…。
しかし遠くを見れば見るほど、昔のことが分かるって本当に不思議ですね。
100億光年離れた星を見るということは100億年前のその星の姿を見るということ、
このスケールに驚きです。
1億光年離れた星から地球を見たら恐竜がうようよ見えるのでしょうか。
それなら絶対見てみたい。
因みに「すばる」はプレアデス星団の和名で、
集まるという意の「すまる」が転じ「すばる」となったそうです。
公募により「すばる」望遠鏡と名付けられました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。