スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

災害対策

避けては通れない災害とどう付き合っていくか?

考えてみたいと思います。

我が市川市には「減災マップ」というものがあります。

「普段からの備えをすることによって被害を減らすことができる」って書いてあります。

地図には避難所やその他非常時に役立つ場所、危険な場所などが記されています。

家族でこの地図をもってルートや危険な場所を実際に確認しておくと安心ですね。

突然やってくる災害ですから、やはり日頃の訓練と防災に対する意識が大切です。

自分の町のことをよく知り、対策を立てておきましょう。

ここまできて、やっと地学を学ぶ理由が分かってきました。

気象や地震、火山噴火などを正しく理解しておくことが大きな備えになるということですね。

とっても役に立つ学問じゃないか!




◆コーヒーブレイク◆

忘れた頃に突然やってくる災害。

電車が止まって、スマホやケータイが使えなくなり、電気が止まって、・・・

一体どうやって家族と連絡をとる?

いざという時のことは決めておいた方がいいですよね。

家族でじっくり話し合いましょ。と言ってもなかなかできないんですよね。

まずは「みんなの防災ハンドブック」でも読んで防災意識を高めるところから始めよう。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。