スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代替エネルギー

私たちの生活はエネルギーなしでは考えられなくなりました。

そしてそのエネルギーのほとんどを石油、石炭などの化石燃料を燃やすことで得ています。

その結果、温室効果ガスである二酸化炭素をたくさん排出することになりました。

でもこの化石燃料もいつの日か使い果たしてしまうことは明白です。

そこで必要になってくるのが代替エネルギー。

二酸化炭素を増やさない、化石燃料に代わるエネルギー源への転換を求められています。

太陽光や風力、地熱、波力などの自然エネルギーがあることは既にご存知かと思います。

生物由来のバイオエネルギーもあります。

新しいものとしては藻から作るエネルギーなんていうのもあります。

ボトリオコッカスという藻は光合成によって二酸化炭素から油を作り出すそうです。

二酸化炭素からできたエネルギーなので燃やしても二酸化炭素は大気に戻るだけ! 増えません。

そんな話を聞くと、「すぐこれに切り替えればいいじゃないか」って思いますよね。

それが現実はそんな簡単な話ではありません。

コストが高かったり、施設の設置場所が限られていたり、…問題は山積みです。

代替エネルギーへの切り替えについては長期的な視点で考えつつ、石油資源の使用量と二酸化炭素の排出量をできる限り減らす努力をしていくしかありません。

そんなに時間があるのかなぁ?

客観的に考えると、無計画な人類にほとほと呆れますね。




◆コーヒーブレイク◆

太陽や風の力をもっと簡単に利用できればいいのに。

と思ってもなかなか現実は大変なのですね。

安価なソーラーパネルや風力発電キットではわずかな電力しか得ることができません。

まだまだ技術が未熟なのか・・・

とりあえず風力発電キットで遊んでみよう。

このキットを自転車につけてライトをつけたいなぁ。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。